ほうれい線ができやすい顔ってあるの?

ほうれい線目立つ顔

加齢によって生じるほうれい線ですが、実はほうれい線が出来やすい顔の形というものがあります。

 

他にも生活習慣によってもほうれい線は出来やすくなりますので、顔の形以外にも気をつける点は幾つもあります。
詳しくはこちらを参照下さい⇒ほうれい線を作る行為

 

ほうれい線を生み出す顔の特徴

サイトによっては顎が小さくてたまご型などと実は色々ですが、「肉付きの良い丸顔」がほうれい線を生み出しやすい顔の形なんです。特に下膨れ状態だと頬に筋肉が少ないために脂肪を支える事ができず、結果たるみにつながるのでほうれい線が出やすいんです。

 

常に口が半開きになっている人も口周りの筋肉や衰えてる証拠なので危険。二重あごは二重あごの筋力の衰えといえるので結局は頬の筋肉を支えられずほうれい線を生みやすいと言えます。

 

整形でもしない限り、丸顔を変えることは不可能ですので、ほうれい線をできにくくする・薄くするための頬の筋力を鍛えてあげる必要があります。

 

 

また、体型や肌質によってもほうれい線を作りやすい特徴があります。

 

痩せていて乾燥肌の方は、要注意!太っている脂性肌の人よりもほうれい線が目立ちます。
太っていればそれだけでパンパンな状態なので、ほうれい線も目立ちません。乾燥によってほうれい線は目立ちやすくなります。

 

だからといってむやみに太ることも出来ませんので、お肌の保湿を心がけたり、ちょっとでも気になり始めたら美顔器などを使ってまずはお手入れをしてみましょう。