肌が老化する原因とは

肌老化原因

肌老化原因

 

肌が年齢を重ねる毎に衰えていくのには以下の3つの原因があります。
「乾燥」「コラーゲンの減少」「角質硬皮」

 

それぞれ順番に見ていきましょう。

乾燥

肌乾燥

肌だけではなく体の新陳代謝も年齢とともに低下してきます。特にお肌に関しては、水分や皮脂の量は30代をピークに急激に低下していきます。さらにこの低下した肌の保湿力に追い打ちをかけるように空気の乾燥が潤いを奪っていき、紫外線などのダメージが肌に与えられます。

 

お肌に徐々に溜まっていったダメージはさらなるお肌の乾燥の原因になります。
乾燥した角質からお肌の奥にある水分がどんどん蒸発してきます。

 

年齢とともに保湿力は衰えていくばかり。
ケアをしっかりと行わないと、肌の奥はカラカラに乾いた状態になっていきます。

 

コラーゲンの減少

コラーゲン減少

紫外線や加齢によってコーラゲンが破壊されたり、コラーゲンが減少することで、お肌そのもののハリや弾力が失われていきます。それにより、シワやたるみなどの年齢サインが現れます。

 

肌にハリがなくなった状態が続くにつれて、全体的に老けた印象を他人に与えるようになります。

 

角質硬皮

角質硬皮

角質が硬くなることで美容成分がお肌の深層部分にまで届かなくなり、透明感が失われることからくすみなどを引き起こします。全ては角質硬皮が原因です!

 

角質が厚くなり、肌表面が乾燥。肌の奥深い部分では血行不良なども起こり、様々な肌トラブルの原因となります。

 

⇒肌老化を食い止めてくれる救世主