肌のたるみによって変わる見た目

私たちは毎日鏡を見て自分の顔をチェックしているので、
なかなか小さな変化には気が付きにくいもの。

 

肌が荒れた、乾燥してる、シミができちゃった!という部分的なものには気づきますが、20代以降どれだけ肌が衰えていくのかは、昔の写真をみるとようやく気づくといった感じではないでしょうか。

 

実際に、人間はこれだけ肌の状態が変化しています。

 

肌たるみ

 

30代になった途端に、フェイスラインがたるんでいるのがハッキリとわかります。
40代に入ると、目の下のあたりの筋肉もたるんでいるのがわかりますね。

 

シミやシワも老けた印象を与えますが、実は一番老けた印象を与えるのは「たるみ」なんです。

 

特に40代以降になって現れたたるみは、化粧品を使っても肌の真皮や筋肉には働きかけませんので、十分なケアは出来ないと思って下さい。

 

エステや美容皮膚科などでケア出来る方は良いのですが、コスト面で続かないといった場合には、高周波などの美顔器を用いてのケアが必要になって来ます。

 

また、今は若いと思っている方もそのままにしていたら、画像のような経過をたどっていくので、予防対策という形で美顔器を今のうちから使ってケアをしてくと将来大きな差となって現れます。

 

決めるのはあなた。
今すぐに始めるのか、それとも後々でもっと手遅れの状態になってから始めるのか。

 

若々しくいたいと思う方は、早い段階でケアを始めているものです。

 

⇒ほうれい線に効く美顔器