ほうれい線が出来る原因とは?!

ほうれい線原因

老け顔の原因にもなるほうれい線。ほうれい線があるだけで、10歳位歳を取ったように見えてえしまう。

 

おまけにメイクをしてしばらくすると、ほうれい線にファンデが落ちる・・・!なんてことも。本当に最悪ですよね。

 

ほうれい線が何故出来るのかというと、1番の要因は「たるみ」
肌がたるむとほうれい線が出来るというわけです。

 

では、たるみはどうして起こるのか?ということについて見ていきましょう。

たるみが起こる原因

たるみが起こる原因はいくつかあり、「加齢」「紫外線の影響」と言われています。
この2つによって、お肌の弾力を保っている真皮層が変形してしまい肌をたるませます。

 

20代の若い世代に出来るほうれい線は、肌の乾燥が原因で出来ていることが多いんですよ。

 

ほうれい線を作る3大要素は

  • 加齢
  • 紫外線
  • 乾燥

となるわけです。

 

では、もうちょっと詳しく見ていくと・・・

 

弾力・ハリの低下

肌の土台である真皮には、コラーゲンやエラスチンといった線維があります。
これらが肌の弾力をキープしているのですが、歳を重ねると徐々に減少していき、普段浴びている紫外線によっても影響を受けて段々と変形してしまい弾力やハリが失われていきます。

 

表情筋の衰え

ほうれい線の悩みでよく出てくる「表情筋」というキーワード。これは、顔の筋肉を指しています。
日頃からよく会話をしたり、硬いものを食べたりしていれば顔の筋肉も鍛えられるのですが、会話が少なかったり、同じ表情ばかりの状態が長く続くと皮膚の表面に記憶されてしまい、筋肉が硬直したり衰えにつながりたるみを引き起こします。

 

顔の皮下脂肪

顔に脂肪が付いてしまうと、脂肪を支えることができなくなるのでたるみが発生!特に丸型でほっぺたが柔らかい人は筋肉が元々少ないので要注意!また、ダイエットなどを繰り返して太ったり痩せたりを繰り返している人も皮膚がたるみやすいのでほうれい線が出来やすいです。

 

肌の乾燥

肌の乾燥は直接真皮層などに影響を及ぼすわけではないのですが、肌表面の乾燥が進むと小じわの元となります。また、肌の表面が乾燥によってバリア機能などが低下すると徐々に真皮にも影響を及ぼすようになり、浅い小じわが気がついたら深いほうれい線へと進行していくので、肌の乾燥は侮れません。

 

ほうれい線を改善する方法とは?!

年齢を止めることは出来ないので、日ごとに失われていくコラーゲンを生成してあげること。そして、肌の乾燥も日々のスキンケアで対応して上げる必要があります。紫外線はUV下地などを使って対処するしかありません。表情筋を鍛えることは口を動かすマッサージなどでも対応出来ますが、全てのケアが出来る美顔器を使用してあげるのが一番手っ取り早く効果も出やすいです。

 

今は家庭用美顔器もかなり優れたものが出ているので、上手に使ってあげると目に見えての効果も出てきます。

 

プチ整形などとは違って1回や2回では当然ながら効果が出ないので地道に続けていくしかありませんが、今出来ているほうれい線をこれ以上深くしないために、一日も早くとりかかることが一番です。

 

>>機能満載でお手頃価格のほうれい線に効く美顔器