メイクをした後にほうれい線が目立つ!なぜ??

ほうれい線メイク目立つ

すっぴんでいる時よりも、メイクをした後の方が「ほうれい線が目立ってしまう!」。または、時間が経つにつれてほうれい線のシワにファンデ落ちる・・・。

 

こんな悩みを抱えいる女性はとても多くいます。それは何故なのか?今直ぐ取れる対策についてもお伝えしていきます。

 

ほうれい線が目立ってしまう理由

肌そのものが乾燥をしていると、ファンデがくっきりと出やすくなります。
そのため、普段のスキンケアでは保湿を重点的に行なうことも重要です。

 

その他の原因に関しては主に以下が原因です。

  • ファンデの塗りすぎ
  •  ※パウダーは溜まりやすいです

  • 下地がムラになっていたり、下地を塗り過ぎたり逆に薄すぎる
  •  ※下地はファンデを密着させる役割があるので、均一でなければヨレます。塗りすぎ・少な過ぎも同様です。

  • 口角を上げる度にほうれい線の溝にファンデがたまる
  •  ※スッピンではたまるものがないのでさほど目立たない

 

最近ではBBクリームを使っている方も多いと思います。BBクリームは下地も含んでいることが多いので、下地を付けてBBクリームを使っている場合は2重付けになるので、下地を使わないように。また、モッタリとした質感のものほどヨレやすいのでBBクリーム選びには気をつけるようにしましょう。

 

ファンデが溜まる解消法・対策

ほうれい線部分は極力ファンデを薄くつけること。リキッドファンデを使用すること。
さらに、リキッドファンデも「オイルカット」されているものを選んだほうが良いです。オイルが配合されていると顔面上でオイルが酸化し、肌を老化させてしまため。肌の老化はほうれい線をより目立たせる原因になります。

 

パール入のハイライトなどでも、ほうれい線をカバーすることが出来ます。パールなどにより光が反射してシワが目立たなくなるため。
ファンデの色も1つ明るいもので薄めに仕上げてみるのも1つの手段です。

 

ほうれい線への視線をズラすために、リップやアイメイクをしっかり目にするのも有効です。

 

コンシーラーなどで完全に埋めても、無表情で過ごすわけにもいきませんし、表情に合わせてメイクの崩れは出てくるので、1日気にせずに完璧な状態を保つことは不可能だと思ってください。

 

ほうれい線辺りは下地や日焼け止めにとどめてファンデを塗らない方法をとっている方もいます。

 

ほうれい線の根本的な解決方法

加齢と共にほうれい線が目立ってくるのは仕方のないことですが、スキンケアで保湿を徹底的に行なったり、マッサージや美顔器で表情筋を鍛えてたるみを解消したりといった努力なくしては、根本的な解決には至りません。

 

隠すことよりも、ほうれい線そのものを薄くしていく方法を取らないと、永遠にほうれい線の悩みからは解決されないでしょう。

 

プチ整形などで手軽に安く出来るヒアルロン酸注射も人気ですが、トラブルもつきものですので、自宅で手軽にケアが出来る美顔器を使うのが一番安心と言えます。

 

⇒ほうれい線に効果的な美顔器